amazonギフト券でクレジットカード現金化するなら買取サイトが一番良い

amazonギフト券でクレジットカード現金化

amazonギフト券現金化ってどのようなやり方があるの?おすすめの換金方法を知りたい。
amazonギフト券を現金化するときに換金する方法として一般的に思い浮かぶのが金券ショップなどの店舗の金券ショップですね。
しかし、多くのギフト券を扱う店舗型の買取業者といえでもamazonギフト券を取り扱っているお店はほとんどないのです。

amazonギフト券はギフトコードという特徴があるため、管理が難しく、商品券のような実態があるモノとは別モノとして扱われてしまいます。

ではフリマサイトやオークションサイトはどうでしょうか?
実はこれも一番いい現金化方法とは言えないのです。
もっと早くて、高くて、確実に換金する方法があるのですから。

これから紹介するのはamazonギフト券をより手軽に、より簡単に、より高く現金化する方法です。

一番メリットのある方法をわかりやすく解説しましのでぜひ参考にしてみてくださいね。

amazonギフト券現金化3つの方法

amazonギフト券3つの換金方法
amazonギフト券現金化には3つの方法があります。

  • 金券ショップなどの店頭買取業者で買取してもらう
  • フリマサイトやオークションサイトに出品する
  • 買取サイトで買取してもらう

amazonギフト券を現金化するなら上記の3つから選ぶことになるでしょう。
現金化方法が違うということは換金率や換金スピードも変わってくるのは想像できますよね。
あなたはどのような状況でどんな現金化をしたいですか。
求めているものは急いでいる時でも安全で、簡単に、しかも高く換金できる方法ではありませんか?
ひとつづつ、どのような特徴があるのがそれぞれ見ていきましょう。

店頭買取業者で買取

amazonギフト券の現金化方法で真っ先に思いつく方法がこの店頭買取業者ではないでしょうか。
有名どころでは大黒屋などが挙げられます。
店頭取引なので一見、すぐに換金してもらえそうに思えますが、ギフトコードを取り扱っていないことがほとんどなので現実的ではありません。
店頭買取業者はamazonギフト券の現金化には向いていないのです。

フリマサイトやオークションサイトに出品

メルカリやフリル、ラクマなどのフリマサイトやヤフオクなどのオークションサイトを利用してみることを考える人もいるでしょう。
自分で出品価格が決められたり、セリの仕組みでより高く売れることができるのでとても魅力的な方法にも思えます。
しかしあなたが売りたいamazonギフト券の価格よりも格安で販売している専門でサイトもありますから購入する人は少ないと言えます。
売れるのにも時間が必要な場合がほとんどですし、サイトによってはギフト券の出品が禁止されていたりもしますのでやはりいちばんいい方法とは言えません。
ちなみに出品したギフト券を送ったり管理するのは自分ですることになりますので面倒ななのは否めませんね。

買取サイトで買取

これまで紹介した2つの方法は現金化はできるものの一番いい方法とは言えるものではありませんでした。
しかし、ネットの買取サイトはamazonギフト券を専門に高価買取、即日現金化が可能です。
実は、amazonギフト券のようなデジタルギフト券(デジタルギフトコード)は買取サイトでの取引がもっとも利用されている方法で主流の現金化方法なのです。

すぐできて、簡単、しかも高く売れるなら現金化方法としては非常にありがたいですよね。

クレジットカード現金化なら買取サイトでamazonギフト券を売るのが一番いい

買取サイトのメリット・デメリット
現金化業者を使っていた人からすれば専門の買取業者が存在することも知らない人もいると思いますからなかなか思いつく現金化方法ではありません。
この現金化方法は自分でできる業者を使わない方法でも換金率、換金スピードが圧倒的によい非常にパフォーマンスの良い方法となります。
控えめに言ってもメリットが多くあり、デメリットはあまり気にならなくなるでしょう。
では実際の買取サイトでの現金化について紹介していきます。

この方法が実践できればこれ以上ない現金化ができるかもしれませんよ。

高価買取で換金率が高い

買取サイトの魅力はなんと言っても高い換金率です。

amazonギフト券の換金率相場 78%~93%
買取サイトのamazonギフト券換金率相場 83%~93%

表のとおり、買取サイトの換金率相場は90%にもなるので高価買取が期待できます。
特にamazonギフト券は85%以上で高いと言われますから買取サイトが現金化に向いているのは明らかです。

即日対応の換金スピード

買取サイトの換金スピードは申込をしてamazonギフト券を送れば最短で10分~20分程度で現金化することができます。
もちろんサイトが込み合っていたりすれば時間は掛かってしまいますが、それでも即日現金化は確実にできるのです。
特に振込時間の指定ができるプランがある買取サイトなら安心です。

いつでも、どこでも申込可能

買取サイトはネット上で申込、手続きを行いますからいつでも、どこでも申込が可能です。
具体的にすることは買取サイトの申込みフォームを送るだけです。
ということは携帯やパソコンがあれば好きなときに現金化ができるのです。
ネットでできるから現金化するのにどこか行く必要も時間を気にする必要はありません。
どうでしょうか、とても簡単なので誰にでもできる手軽さはなんとなくイメージできそうですね。

2017年の10月頃から一部を除き日本の金融機関は24時間対応で入金の確認ができるようになったので、ネットバンクがなくても遅い時間に現金化をすぐにできるようになったこともうれしい点です。

デメリットはなくすことができる

メリットがたくさんある買取サイトですがもちろんデメリットがないわけではありません。

  • 詐欺にあう可能性
  • 振込までが遅い

この2つは買取サイトのデメリットと言ってよいでしょう。
このデメリットは本当に支持されている優良買取サイトを利用することで簡単に解決することができますが、どのようなものなのか知っておく必要はあります。

デメリットは理解しておいたほうが良いですね。ただしクオリティの高いサービスを提供する買取サイトを利用すればメリットしかないのがわかるはずです。

詐欺にあう可能性

買取サイトはネット上で取引するため悪質なサイトはゼロではありません。
実際に高い換金率をエサにamazonギフト券だけを送らせて買取代金を振り込まない詐欺事件が多発しています。
こうした詐欺被害は換金率の相場や優良買取サイトを知っているだけでなるべく回避することができます。
たとえamazonギフト券を送らなくても、個人情報を送っていたとすれば迷惑メールや不審な電話などが来ることも考えられますので十分注意が必要ですね。

振込までが遅い

買取サイトの情報を調べていて「振込が遅い」そんな情報を見たことがある人は多いでしょう。
実際に買取サイトの中には申込をして振込が翌日になる場合がよくあります。
もし急いでいてどうしても現金がすぐに必要な場合に待たされたらどうですか?
時間の掛かる遅い換金スピードはデメリットでしかありません。

本当にフリマサイトやオークションサイトは換金率が高くないの?

オークションサイトは換金率が低い
フリマサイトやオークションサイトでamazonギフト券を高値で現金化できると思っていませんか?
実際は最終的な換金率は低いのです。振込金額ベースで考えるならやはりあまりいい方法ではなさそうです。
なぜかというと、出品手数料や出金手数料がありますから費用だけで買取サイトの換金率を下回ってしまいます。
またサイトの仕組みにもよりますが管理なども面倒ですし、売れるまで明確な時間がわからないので確実性に欠けてしまいます。
買取サイトに比べると、換金率や換金スピード、手間などが掛かることを考える必要があるのです。

費用が掛かる

オークションサイトでamazonギフト券を出品するとかかってくる費用を考えると以下のとおりです。

  • 出品手数料
  • 落札手数料
  • 送料
  • サイト利用料(月額)

大体のオークションサイトはこの4つがあると思います。サイトによってはあるものとないものもがあると思いますが、そもそも利用者の多いサイトを利用しないと買い手がつかずに時間ばかりが掛かってしまいます。

ヤフオクでamazonギフト券を出品すると

ヤフオクで実際にamazonギフト券を出品してみたとしましょう。
はたしてどのような費用がかかってくるのでしょうか?

10,000円のamazonギフト券が9000円(90%)で落札されたとします。
換金率の相場でいう高換金率である数値です。

ヤフオクで現金化するのに必要な費用
出品手数料 0円
落札手数料 8.64%
送料 コードだけの連絡なら0円
Yahoo!プレミアム会員費 498円/月
9,000円(落札価格)×0.0864(落札手数料)=778円(落札手数料)

9,000円(落札価格)-778円(落札手数料)=8,222円

8,222円-498円(会員費)=7,724円

実際の振込金額 7,724円

平均相場よりも高い90%以上で現金化できたように一見思えますが、必要な費用を差し引くと7,724円(約77%)になりました。
こうしてみるとオークションサイトでamazonギフト券を現金化するのはあまり換金率が高くないので控えたほうが良さそうですね。
これがオークションサイトが換金率が低い理由です。

見せかけの換金率に惑わされないで!手数料や諸経費など自分が負担するものは換金率を下げてしまいますよ。

換金スピードが遅い

オークションサイトは買取サイトに比べて換金率が低いことがわかりましたがもう一つ現金化には向いていない理由があります。
その理由は手元に現金が来るまで時間が大幅に掛かることです。
買い手がつかない限り現金化は完了しませんから出品して落札までは1週間ほど掛かるのも珍しくありません。
もし早く現金化するなら即決価格の設定が必要で買い手にとって魅力的な金額、つまり安く売り出す必要があります。

店頭買取は対面取引で安心できて早いけどお店が少ない

金券ショップのような店舗を構えるお店はその場で現金化できるのでもっとも早くお金を手にする方法です。
ですが、amazonギフト券を買取対応しているお店が非常に少ないので現金化することがそもそもできないのです。
たしかに探せばamazonギフト券を現金化できるお店はありますが、はたしてそういった金券ショップが利用できる地域に住んでいる人が何人いるでしょうか。
もし買取をしてもらうなら非常に限定的で東京、大阪、福岡、札幌、名古屋の一部の店舗を利用することになります。

金券ショップがamazonギフト券を買取しない理由

amazonギフト券の正体はギフトコードそのものになります。
コードさえわかってしまえば誰でもアカウントに登録して使うことができますから、売った後でもコードをメモしておけば悪用することができてしまいます
買取店舗はそうした管理のしづらさから扱わないとされているのです。
未使用のamazonギフト券かどうか常に判別することができず、保証ができないので当然といえば当然ですよね。

全国で買取対応店舗は少ない

東京
  • アマゾンギフト新宿西口
  • チケット秋葉原
  • チケット浜松町
  • 得々市場 小岩店
大阪
  • アイギフト
  • 大阪買取コム
愛知(名古屋)
  • チケットセンター名駅本店
  • チケットセンター黒川駅前店
  • チケットセンター千種駅前店
  • チケットセンター池下駅前店
  • チケットセンター大曽根駅前店
  • チケットセンター春日井店
  • チケットセンター小牧駅前店

日本全国で考えるとやはり多くの方が利用できないですね。
そうなると買取サイトを利用することになるでしょう。

買取条件が厳しい

  • 購入してから時間が経つと買取率が下がることがある
  • 購入時のレシートが必要で、ない場合は買取できないもしくは買取率が大幅に下る

近くにamazonギフト券の買取できる店舗がある場合は場合によっては利用しても良いでしょう。
しかし店舗も再販売する買取なのでamazonギフト券の有効性を担保することが100%できない点を考えるとリスクのある取引になることから買取の条件は厳しくせざるをえません。
上記の条件などは一般的な金券ショップなので確認は必要ですが条件をクリアしなければ高価買取は見込めないと考えるべきですね。

amazonギフト券でクレジットカード現金化まとめ

amazonギフト券でクレジットカード現金化を比較検証した結果
クレジットカード現金化をamazonギフト券でするなら方法は3つありました。

  • 金券ショップを利用する
  • オークションサイトを利用
  • 買取サイトを利用

それぞれの方法を比較検証した結果、買取サイトが一番いい方法だということがわかりました。
高い、早い、安全を求めるのならばおすすめ買取サイトを知っておけばデメリットをなくすことができ大きなメリットを受けることができると言えますね。

amazonギフト券で現金化するのにこうした知識がないと損をしてしまうから気をつけて!これから現金化する人が損をしないようになればいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です