ブランド品でクレジットカード現金化メリット・デメリットまとめ

ブランド品現金化

クレジットカード現金化を考えている人がまず思いつく方法として、「ブランド品の転売」は多いのではないでしょうか?

ブランド品はその種類の多さから時計、アクセサリ、バックなどさまざま存在しますから自分でするクレジットカード現金化として手軽にできそうに感じてしまうかもしれませんね。

しかし、ブランド品の現金化をしたことがある経験から言えることは「ある方法に比べたらそこまで手軽に行えるものではなかった」ということです。

もしブランド品でクレジットカード現金化を行おうと考えている人は注意が必要です。

換金率のいい商品を調べる手間、買取の手続きの手間など、することが多いので時間が掛かってしまうんですよ。

ブランド品の現金化メリット・デメリット

メリット デメリット
  • クレジットカードで購入できる商品が多い
  • 買取店が多いのでどの地域でもできる
  • 現金化するまで時間と手間が掛かる
  • 換金率が低い
  • 現金化を疑われるリスクが高い

メリット

ブランド品はクレジットカードで購入できる商品がとても大きのでトライしてできないということはまずありません。そしてルイヴィトンなど有名なブランド品なら買取店で断られることも少ないのでどの地域でも比較的簡単にできそうなイメージができます。

とにかくシンプルに簡単に、できる範囲で現金化したい人には向いている方法と言えるでしょう。

デメリット

自分でする現金化ですから換金率の高い商品の選定、高価買取店リサーチなどする必要があるので手間と時間がかかるデメリットは否定できません。
そしてほかの現金化方法に比べると換金率がそこまで高くない点や換金性の高い商品は現金化を疑われるリスクなどを十分注意する必要があります。

ブランド品の現金化は時間のない人や忙しい人にはあまり向いていないと言え、現金化を疑われるリスクも大きなデメリットですね。
慣れていない人は現金化するのに半日くらいは見ておいたほうが良さそうです。

ブランド品をクレジットカード現金化するのは本当に損?

時間が掛かる、換金率が低いという現金化では決定的なデメリットがあるブランド品の現金化ですが果たして実際にそうなのでしょうか?
もっとも早く現金化できるよくある大黒屋などの買取店を利用した場合で見てみましょう。

ブランド品を買取店でクレジットカード現金化する流れ

買取店を利用してブランド品を現金化する手順は以下の通りになります。

  1. 高換金率なブランド品を選定する
  2. ブランド品をクレジットカードで購入する
  3. 買取店で売却して現金化

すでに所持しているブランド品があれば買取店で売却するだけとなります。

ブランド品を換金率から選定する作業は知識のない方にとってはつらい作業ですね。
ただし、だいたいどんなジャンルが高く売れるのか知っておけばだいぶラクにできるのではないでしょうか。

同じように見える商品でも型番、品番が違えば買取価格が大きく変動する種類もあるので下調べをしっかりしないと損する可能性があります。

高く売れるブランド品の種類

時計 バック・財布など
ロレックス
  • ルイヴィトン
  • エルメス
  • シャネル

よく耳にするブランドがやはり人気があり高価買取されています。
時計などは商品自体高額なので5万円ほどの現金化のときはあまり意味がありませんね。
いくら現金化するのか金額によって購入する価格帯が違ってきますので、換金率の良い商品をそこから絞っていく必要があります。

実際にブランド品をクレジットカード現金化した場合

上記で換金率の高いブランド品の種類は時計なら80万くらいから、バックや財布なら5万くらいから購入することはできます。
ですから多くの方がバックや財布などを現金化することになると思います。

ルイヴィトンならキーケースで5万円以下で購入することができますので少額の場合に重宝しまね。

【ルイヴィトン】ミュルティクレ6

【ルイヴィトン】ミュルティクレ6 はキーケースで5万円以下で購入できるので手軽なブランド品と言えます。
こちらの商品を転売したとしていくらで現金化できるのでしょうか。

商品名 【ルイヴィトン】ミュルティクレ6
品番 M63812
購入価格 32,000円
買取価格(新品) 27,500円

参考サイト:カドノ質店

27,500円(買取価格)÷ 32,000円(本体価格)=0.859(換金率 85.9%)

新品であれば換金率が85.9%と悪くない数値なのがわかりました。

しかし、購入店へ行く時間、買取店へ行く時間などを計算すると最大でも現金化完了まで最大6時間ほど見ないといけません。
現金化の手間で6時間かかるとなると手軽にできるとは言えず、すぐにお金が必要な人にはかなりハードルが高いといえます。

また交通費などを考えると2%~5%ほど換金率が下がってしまう恐れもありますからほかの現金化方法と比べるとブランド品は一番いい方法とはいえません。

ブランド品よりもギフト券の現金化のほうがデメリットをカバーできる

ブランド品も80%以上で現金化できるので決して悪くはありません。
しかしギフト券の現金化のほうが換金率も換金スピードも圧倒的に良いので見劣りしてしまいます。
amazonギフト券やnanacoギフトカードなどのデジタルギフト券はどこにも行かずスマホだけで現金化ができるのでブランド品現金化のデメリットをカバーできるのです。

amazonギフト券を現金化

amazonギフト券の現金化で主に購入される種類はEメールタイプです。
スマホで簡単に購入でき、すぐにメールで送られてくるので早ければ10分ほどで購入作業が終わります。
気になる換金率は買取専門サイトで85%~93%、ギフト券の額面が上がれば換金率も上がります。
振込手数料が無料のサイトも増えてきましたから本当に90%以上の現金化が簡単にできてしまうのです。

nanacoギフトカードを現金化

取り扱いサイトがまだ少ないので利便性で言えばamazonギフト券に劣るかもしれませんがサイトによっては換金率はamazonギフト券よりお得な場合があります。
購入方法が限定的である条件を満たすことでクレジットカードで購入ができる事と換金率が85%~93%とamazonギフト券とあまり変わらないので初心者はamazonギフト券を選ぶ人が多いようです。

まとめ

このように自分でする現金化の主流は徐々にネット上で取引できるデジタルギフト券が主流になってきています。
手間と時間と、なにより換金率がほかの方法に比べて良いことから利用者が急増しているのもうなずけます。
また金額を1円単位で指定することができるデジタルギフト券は現金化する金額で商品を選ぶ必要ないのでその点もうれしいですね。

さらに詳しく現金化業者を使わない現金化をしりたい人はかんたんなクレジットカード現金化【マネピ】で調べてみてください。

お金の悩みは誰にも相談できなかったり、不安なことが多いのは管理人も経験しています。現金化は上手に付き合えば一時しのぎかもしれませんがこれほど心強いものはありません。少しの知識と計画性が大事ですから慎重に行ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です