クレジットカード現金化のメリット・デメリットまとめ

クレジットカード現金化メリット・デメリット

クレジットカード現金化はショップング枠を利用したお金を借りる方法です。
クレジットカード現金化のメリット・デメリットを知りたいということはやってみようか検討していませんか?

  • やり方がわからない
  • 危険な方法じゃないの?
  • 違法性はないの?
  • すぐお金が手に入るなら興味がある

もしこのようなことを思っているなら慎重に検討したほうがいいですよ。
やり方によっては返済に困ってしまったり、状況が悪化してしまう危険性がありますからしっかりと慎重に考える必要があります。

クレジットカード現金化のメリット・デメリット

メリット デメリット
現金化業者 簡単
入金まで早い
換金率が低い
安全性に欠ける
悪質業者の存在
amazonギフト券 簡単
換金率が高い
悪質業者の存在
振込が遅い
新幹線回数券 換金率が高い カード利用停止の恐れ
クレカで購入できない場合もある
ブランド品 始めやすい 手間と時間がかかる
商品知識が必要
家電製品 始めやすい 手間と時間がかかる
商品知識が必要

現金化業者

現金化業者は決済が確認できた時点で入金してもらえるのでもっとも確実で早いクレジットカード現金化方法といえます。
キャッシュバックとして決済代金の一部を還元するのでなるべく換金率が高いところを選ぶのが一般的です。
平均的な換金率は75%前後とあまり高くなく、サイトの表記が最大90%とあってもその換金率になることは決してありません。

現金化業者のメリット

現金化業者のメリットは確実にすぐ入金してくれる点です。
どうしても数時間後に現金が必要というときはとても便利なクレジットカード現金化方法であることは間違いありません。

現金化業者のデメリット

現金化業者のデメリットは換金率の低さです。
ですから頻繁に利用するには向いていません。
無計画に手軽だからと行って頻繁に利用すると支払いができなくなり首を締めることになりかねませんので十分注意が必要です。

どうしてもすぐに、一刻の猶予もないとき以外は選択肢に入れるのは危険といえます。
ピンチを乗り切るための必要コストであり、許容できる範囲の利用が好ましいと言えます。

管理人

1分でも早くお金が必要なとき以外は利用するメリットはあまりありません。特に換金率が高くないので頻繁に利用することはなるべく避けたいところですね。

amazonギフト券

amazonギフト券は電子ギフト券であり、需要の高さから高額取引されています。未使用のものでないともちろん換金できませんが、その換金率は85%~93%です。ギフト券の金額が高ければ換金率は上がるのでまとまった金額ならより有利にクレジットカード現金化が可能です。

amazonギフト券のメリット

amazonギフト券のメリットは高換金率、簡単、手間がかからないところです。
大手のamazonギフト券買取サイトであれば90%前後で換金が可能ですからもっとも換金率が高いクレジットカード現金化方法と言っても過言ではありません。
amazonでEメールタイプのギフト券を購入して買取サイトに申込むだけの簡単な方法なのも大きなメリットといえます。

amazonギフト券のデメリット

数少ない優良サイトを利用することでamazonギフト券のデメリットはカバーできますがデメリットも確認しておきましょう。
amazonギフト券のデメリットは詐欺業者など悪質なサイトの存在で事件などが頻繁に報告されています。
また振込がすぐに行われないサイトもあるので振込時間が表示されているサイトを利用するようにするとデメリットはなくすことができます。

管理人

Eメールタイプを買取サイトで売却することで簡単に高換金率で現金化できるとても優れた方法です。デメリットはサイトによって異なる振込時間、詐欺業者ですがカバーすることができます。

新幹線回数券

ひと昔前のクレジットカード現金化の王道と言える新幹線の回数券は非常に高き換金率でとても魅力的な現金化商品と言えるます。
しかしあまりにもメジャーになりすぎて今では危険な現金化方法の代表格となってしまいました。

新幹線回数券のメリット

新幹線回数券のメリットは金券ショップを利用したことがある方はわかるかもしれませんが90%以上の換金率です。
JRの駅であればみどりの窓口で購入することができ、売却のときも駅前のチケットショップや金券ショップで行うことができるので手軽な点はメリットといえます。

新幹線回数券のデメリット

新幹線回数券のデメリットはカード利用停止です。確実にカードが止まるとは言えませんが購入することでカード会社から連絡など入る可能性があります。
頻繁に購入することは危険ですのでクレジットカード現金化で利用するにはあまり向いていません。

盗難されたカード、紛失したカードを悪用した新幹線回数券の現金化もカード会社が厳しく監視している理由の1つです。犯罪にも使われるくらい換金率は高いのです。ただ現在は厳しい規制が入ったため現実的ではありません。

ブランド品

時計やアクセサリ、カバンに財布などブランド品はその種類の多さから手軽さを連想させるクレジットカード現金化の商品の1つです。

ブランド品のメリット

ブランド品のメリットはクレジットカードで購入できる商品とその種類の多さが挙げられます。
ですから手軽にすることのできる点はブランド品のメリットと言えるでしょう。
現金化の方法が比較的イメージしやすいのでクレジットカード現金化と言われて思いつく方法と言えるます。

ブランド品のデメリット

ブランド品のデメリットは購入から売却まで手間がかかる点です。多少の知識もないと損をする可能性すらあるので始めやすい反面、面倒なことが多いと言えます。また換金率は商品の種類によって異なりますので、現金化する金額で商品を選ぶ必要やそこから換金率の高い商品を見つけ出す手間がかかります。同じものを複数購入することは現金化を疑われるリスクが高まるため十分に注意する必要があります。

家電製品

家電製品は誰にとっても身近なものですから思いつきやすい現金化方法の1つです。
パソコン、美容家電、ゲーム関連などは人気の高い家電製品ですから現金化に向いた商品といえます。

家電製品のメリット

家電製品のメリットはクレジットカードで購入できる商品が非常に多く、高値で現金化できるものが多いので初心者には魅力的なところです。

家電製品のデメリット

家電製品のデメリットは高値で売れる商品を探すのが難しいところにあります。毎シーズン新しい商品がでますから古い商品は買取価格が下がって行くので商品知識が多少必要です。

また見た目が同じように見えても性能が異なったり、型番が違うことで取引価格が上下することもあるので慎重に商品を選ぶ必要があるのです。

換金率から見るクレジットカード現金化

現金化業者 68%~75%
amazonギフト券 80%~93%
新幹線回数券 90%~93%
ブランド品 20%~85%
家電製品 20%~85%

換金率が高い現金化はamazonギフト券、新幹線の回数券となります。
商品の選定という点でみても購入するものが決まっているので現金化する金額に応じて調整するだけな点も手軽さがわかります。

その他の商品は種類によって換金率が大きく異なりますので変動幅が大きくなります。

特に注目していただきたいのが現金化業者です。
業者のサイトを除くと90%を超える最大換金率が書かれていますが条件を満たすことは非常に困難なため高額な決済であっても80%をこえることは難しいでしょう。

換金率で選ぶなら金券類の現金化が良さそうです。

現金化するならamazonギフト券と新幹線の回数券ならどっちがいい?

結論から言うと、amazonギフト券でクレジットカード現金化する人がほとんどです。
なぜamazonギフト券が選ばれているかというと、安全性と手軽さが高いためです。

amazonギフト券は安全性が高い

amazonギフト券はクレジットカード現金化する際に安全と言われています。
その理由は以下の通りです。

  • 現金化がバレるリスクが低い
  • クレジットカードの利用停止のリスクが低い
  • 優良サイトで買取してもらえれば詐欺に合わない

amazonギフト券でクレジットカード現金化するにはEメールタイプを購入することになりますが、クレジットカードでのみ購入ができる商品なので現金化目的と断定されるリスクが低く、カードが利用停止になるリスクを抑えることができます。

また買取サイトの利用では詐欺業者を利用してしまうリスクがありますが、利用者の多い優良サイトを利用することで回避することができます。

新幹線の回数券は危険

新幹線の回数券は従来のクレジットカード現金化では定番で安定した換金率が非常に好評でした。しかしあまりにも優秀な現金化商品であるがため規制が入りクレジットカードで購入すると高確率でカードが止まってしまうリスクがあります。

まとめ

クレジットカード現金化のメリット・デメリットまとめてみると、換金率や振込スピード、安全性などから総合的に現金化の方法を選ぶ必要がわかるかと思います。

そして最も優れた現金化方法はamazonギフト券なのです。

自分ですることができる現金化では最も安全で最も換金率が高い方法ですから現金化業者を利用していたユーザーは今ではamazonギフト券買取に切り替えている状況です。

現金化の方法で悩んでいるならamazonギフト券の現金化を試してみる価値はあると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です