クレジットカード現金化の違法性と利用規約違反について

クレジットカード現金化は昔からカードでお金の看板があるように審査を必要としないお金を借りる方法として利用されていますが、とても危険です。
クレジットカード現金化は違法ではありませんが、クレジットカード会社の規約で完全に禁止されているのです。
ではなぜ今でも現金化業者は存在しているのでしょう?

今回は、クレジットカード現金化が違法でない理由とカード会社の規約違反について、また危険な理由、最新の安全な現金化方法について解説していきます。

クレジットカード現金化は違法性とカード会社の規約違反について

クレジットカード現金化は違法性とカード会社の規約違反について
クレジットカード現金化は違法ではありませんがカード会社では利用規約のなかに必ず換金目的での利用を規制する内容が記載されています。

クレジットカード現金化は違法ではない理由

いままでにクレジットカード現金化を行った利用者が逮捕されたという事例はありません。現金化で逮捕された事件はどれも業者が出資法違反や脱税といったものです。
現行の日本の法律ではクレジットカード現金化を違法とするものはなく、その理由は現金化行為が曖昧なため規制することが難しい点が挙げられます。

クレジットカードで購入した商品が換金目的で購入されたかどうか断定することは非常に困難なのです。

クレジットカード現金化はカード会社の規約に違反

クレジットカードにはキャッシング枠ショッピング枠があり、お金を借りるための枠が存在します。
本来であればこのキャッシング枠でお金を借りる事になりますから審査を行います。
審査の結果で返済できるであろう枠が設けられたにもかかわらずショッピング枠を現金化されてしまうと返済できなくなる危険性が高くなってしまうので、カード会社はクレジットカード現金化を禁止しているのです。

クレジットカード現金化が危険な6つの理由

クレジットカード現金化が危険な6つの理由
なにも知らずにクレジットカード現金化をしてしまうととても危険です。
その理由は主に以下の6つが挙げられます。

  • 借金が増える危険
  • 詐欺にあう危険
  • 犯罪に巻き込まれる危険
  • クレジットカードを解約させられる恐れ
  • 利用代金一括返済の可能性
  • 債務整理ができなくなる

借金が増える危険

クレジットカード現金化の金利を年利で計算すると数百%にもなります。
本来、法律で定められている最高年利は20%程度にとどまりますから、その高さは明らかです。
使えば使うほど高い手数料を払うことになりますから返済ができなくなり借金が増えてしまう危険性があります。

詐欺にあう危険

クレジットカード現金化の業者を利用するとカード情報を教えることになります。
中には悪質な業者もいて勝手にカード決済されてしまったりする事もあるのでたいへん危険です。
また換金率が92%と言いながら実際には手数料やその他の名目で振込金額を低くしてきますので実際は70%程度の振込しかしてもらえません。

犯罪に巻き込まれる危険

クレジットカード現金化をするときは身分証など個人情報を提出することになります。
もし悪意のある業者を利用してしまった場合、個人情報を悪用されてしまったりする危険性があります。

クレジットカードを解約させられる恐れ

カード会社が換金目的でクレジットカードを使っていたことを知れば規約違反となり解約させられる恐れもあります。
最近ではクレジットカード現金化を見分けることも容易となり簡単にバレてしまいます。

利用上限まで換金性の高い商品を購入するなど怪しまれるとすぐにカード利用停止になり最悪の場合、クレジットカードを解約させられてしまう恐れもあります。

利用代金一括返済の可能性

クレジットカード現金化がカード会社にバレてしまうと利用代金の一括返済の可能性もでてきます。
規約違反を行えば当然の事かもしれませんが非常に厳しい対応であることは間違いありません。
ついでにキャッシング枠の利用もある場合そちらも請求されてしまいます。

債務整理ができなくなる

クレジットカード現金化でした借金は債務整理ができません。
つまり自己破産ができなくなるので、本当に借金で困ったときの最終手段が使えなくなってしまうのです。
ただし、必ずできないというわけではなく悪質でないと判断されれば例外もあります。

クレジットカード現金化をする前にチェック、本当に必要なのか

クレジットカード現金化をする前にチェック、本当に必要なのか
これほど危険な要素が強いクレジットカード現金化ですが利用者が後を絶たないのはその手軽さが最もな理由です。
審査もなく直ぐにお金を手にすることができるため高い手数料を払ってでも利用したいという人が多いようです。
もしクレジットカード現金化を利用するならもう一度慎重に考えてみたほうが良いかもしれません。

クレジットカード現金化は自己負担が高く、損をする

クレジットカード現金化は世の中に存在する融資や金策方法の中でも自己負担が強く最も損をするお金の調達方法です。
例えば7万円必要なら10万円のカード決済をしなくてはいけないので3万円は損をしてしまいます。

別の金策方法を検討してみる

カードローンや融資には必ず審査がありすぐにお金を手にすることができるとは難しいですが、審査がなくて自己負担率も低い金策方法はいくつもあります。
中でも業者を使わない現金化方法は手軽にできて90%以上の換金率で行うことができますからとても人気を集めています。
ただしある方法を行わないと従来の現金化方法と同じ危険な方法と変わりませんので手段を厳選する必要があります。

最新の安全な現金化方法

最新の安全な現金化方法
最新の安全な現金化方法として注目されているのがamazonギフト券の転売です。
この金策方法はクレジットカードで購入したamazonギフト券を買取サイトなどで売却して実質的にショッピング枠を現金化する方法となります。
クレジットカード現金化では換金目的での利用は規約違反とされていましたがある方法を利用することで安全に現金化ができるのです。
また換金率は現金化業者と比べて圧倒的に高く90%以上で買取してもらえます。

プリペイドカードにチャージしてamazonギフト券を購入する

多くの方がamazonギフト券の購入で保留や注文キャンセルで困っているようですが、プリペイドカードにチャージしてamazonギフト券を購入することで安全にスムーズに購入することができます。
チャージすることでクレジットカードの利用規約を気にせず現金化することができるのです。

amazonギフト券買取サイトはどこがいい?

amazonギフト券の買取サイトは換金率と振込スピードそして安全性で選ぶようにすると損をしない現金化が可能です。
買取サイトでは即日振込と言っても翌日になったりするサイトもありますから信頼のおける業者を選ぶ必要があります。
業界大手の買取ボブなどは買取率、振込スピードが公式サイトから一目瞭然でわかるのでとてもおすすめです。
最短で30分ほどで振込完了しますので使い勝手は良いでしょう。

amazonギフト券でクレジットカード現金化するなら買取サイトが一番良いではその方法やメリットなどを検証しています。ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です