【体験談】クレジットカード現金化業者は換金率だけで選ぶと失敗する

現金化業者の換金率の真実

クレジットカード現金化をしようと業者を選んでいるときに皆さんは換金率を見て選んでいませんか?
管理人は何度か換金率が高いという理由で業者選びをしたことがありますが残念な結果になったことを覚えています。
すべてに当てはまるとは言えませんが「換金率だけで選ぶと失敗する」そうした体験談を含めて現金化の方法についてお話させていただきます。

クレジットカード現金化は換金率だけで選ばない

換金率だけで選ばない
現金化業者は換金率で選ぶのは間違いではありません。
しかし実際の現金化業者は公式サイトにある換金率とは異なる条件を提示してくることが多いように思います。
それよりも嘘がなく安心して利用できる、使い勝手の良い現金化方法を探したほうが実は損をしない利用方法になるんですね。

ご利用の経験がある方はご存知かもしれませんが現金化業者のサイト表記は最大値なので、換金率が下がってしまうことがほとんどです。

つまり、クレジットカード現金化は換金率で選ぶのは良いけれど本当の換金率を知る必要があるのです。
本当の換金率を知ることで損をする可能性は低くなり、具体的に2つのメリットを得ることができると思いますよ。

現金化業者のホームページに記載されている換金率と振込金額が違うのには分かりづらい“ある”からくりがあるんです。まずは本当の換金率を知ることの2つのメリットから見ていきましょう。

本当の換金率を知る2つのメリット

  • クレジットカード現金化業者を正しく比較できる
  • 悪質な業者から騙されるリスクを減らせる

本当の換金率を知る2つのメリットについて詳しく見ていきましょう。

クレジットカード現金化業者を正しく比較できる

換金率は現金化業者を比較するときにとても重要です。
もし本当の換金率を知らなければ全く意味のない嘘の情報で換金率を比較してしまいますね。

換金率が低い業者を利用することは損してしまうことですから本当の換金率を知ることが最も大切と言えます。

悪質な業者から騙されるリスクを減らせる

現金化業者の中には悪質業者、詐欺業者なども少なくありません。
こうした業者はユーザーが魅力的に感じるような非常に高い換金率を提示してくる共通点があります。
はじめから高い換金率で釣ってとても低い金額で振り込んで来ますから、見た目の換金率で選んでしまうと騙されてしまう可能性がとても高くなります。
本当の換金率を知っていれば悪質業者を見抜くこともできますから騙されるリスクや詐欺にあうリスクをなるべく回避したい人は絶対に知っておかなければいけません。

今お話した2つのメリットはこれから現金化する人にとって危険を予め回避するための知識でもありますから忘れないようにしたいですね。
本当に重要なことは真実の現金化を知ること、現金化業者の実態です!

次は現金化業者の換金率が低くなるカラクリについて解説します。実態を把握して利用するかどうか慎重に考えてみてください。

【現金化業者の実態】換金率と振込金額が異なるには理由があった

正確でない情報を記載しているサイトは信頼性に欠け、ユーザーのメリットはあまり考えてないと言っても過言ではありません。

もし自分が利用したときに使ってよかった、メリットを感じられたと思えるものでなければ勧められても利用したいと思いませんよね?

クレジットカード現金化を利用して感じたのが、振込金額は業者の換金率が適用された金額そのものと思い込んでしまっていて、でも銀行口座を確認してみると実は思っていた金額を下回っていて、損した気持ちでした。

なぜ換金率で計算した振込金額と実際に振り込まれた金額は違うのでしょうか?

換金率が違う3つの理由

換金率が違う
  • 現金化業者の換金率表はすべて最大値
  • 表記されている換金率から手数料などが引かれる
  • 特典、キャンペーンは実施しているか不明

現金化業者の換金率表はすべて最大値

現金化業者の実態(換金率)
この画像はある現金化業者の換金率表です。

金額によって換金率が細かに表記されていますね。
これだけ見るとすごく好条件でクレジットカード現金化できるものだと思いこんでしまいます。

そして注意していただきたいのが赤線部分、「換金率表の割合は最大値となっております。詳しくはお問い合わせください。」
じつは現金化業者のそのほとんどがこうした最大値表記の換金率を表記しています。
つまり、「この換金率になる可能性があるよ、問い合わせて聞いてみてね」と言っているのです。
しかも小さく書いているならまだしも、別のページにかかれていることもあるので紛らわしさしかありません。

現金化した経験から言わせていただくと、なにかの理由につけて取引できる換金率はサイト表記よりも下回り一度もそのとおりにならなかったのです。
業者の書き方はいろいろありますが、「最大、最高、一律」なかには「保証」というものまでありました。
保証に関しては保証範囲外なので適用できませんと言われた経験もあります。

もうおわかりのように換金率表は全く当てにならないのです。

表記されている換金率から手数料などが引かれる

いまの話で、問い合わせて確認すれば大丈夫、と思いませんでしたか?
悲しいことに現金化業者の中にはさらに複雑にしてくる業者もいました。
換金率は90%で行いますが、消費税や手数料を引いてきますので、最終的には80%以下なんてことは珍しくありません。

何社か利用したときに思ったのがどの業者も80%を超えることはなくだいたい70%~74%でした。
中には何も言わず手数料を引いて振り込んでくる業者もいましたので気づかなければそのままになってしまう恐れもあります。
ですから現金化業者からの振込は金額を確認したほうがいいです。

換金率に関する特典、キャンペーンは実施しているか不明

みなさんも「初めてなら◯%換金率UP」「女性限定換金率UP」などを見かめたことはありませんか?
換金率がアップする特典やキャンペーンは私の経験上、じつは適用されたことがありません。

2,3回現金化業者を使って共通点を見つけました。
その業者が元にする換金率(表記もないのでわからない)にキャンペーンを適用させたて「74%です」などと伝えられます。
換金率はその日によって変わるようなので実際の換金率はいくらなのかわかりませんので、かなり強引に提示してくるのです。

現金化業者のキャンペーンは内容が不明でよくわからい名目だけのものが多いので、絶対に当てにしてはいけません。

現金化業者の換金率ははっきり言ってアテになりません。
ホームページで確認しても意味がないのです。
もし本当の換金率を知るのなら以下の3つの作業をする必要があります。

  • 実際の換金率を直接問い合わせる
  • 掛かる手数料や費用はないか確認して、振込金額を聞く
  • キャンペーンは当てにしない

こうしたアテにらない換金率の本当の数値は平均的にはどのくらいのでしょうか?
本当の換金率の相場を調べてみました。

実際の現金化の換金率相場はどれくらい?

実際に何社か問い合わせて見ると、1万円から30万円だと「72%~80%」で70%台が換金率の相場でした。
数年前に比べたら少し高くなった気もしますがそれでも25%近くも引かれてしまうのは全体的に低いといえますね。

現金化業者は換金率だけで選らんではいけない

現金化業者のデメリットは換金率だけじゃない
どうでしょうこれをみたらクレジットカード現金化業者の換金率は非常に低いのが実態ということがわかると思います。
審査はなくて、すぐ振り込んでもらえるのはメリットといえますが、換金率の低さは大きなデメリットではないでしょうか?

換金率だけで選ぶと詐欺にあう危険や換金率が低いデメリットを受けることになってしまいますので失敗しない現金化をするなら業者を使わない自分でする方法がいいですよ。
どうしてもクレジットカード現金化しないといけない状況でもあえて失敗するような方法をえらぶ必要はありません。
むしろ詐欺のリスクや換金率が低いデメリットを考えたら現金化業者の利用はそもそも考え直したほうが良さそうですね。

それでも現金化業者を利用する場合は換金率の相場を理解して振込金額まで確認して利用しましょう。

クレジットカード現金化は業者に依頼するより、自分でするほうが実は安全で換金率は90%前後でできますからもし迷っているなら下記のリンクを参考にしてみてくださいね。

現金化業者を使った利用者

クレジットカード現金化は自分でする時代!まだ現金化業者使ってますか?

2019年1月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です